毎日の食事つくりについて。

結婚して、一番の変化は毎日の献立を考えるようになったことです。
それまで勤めていた仕事を辞めて専業主婦になった私は、主人のお弁当を朝から作るため、起きる時間こそ以前より早くなりましたが、それ以外はほとんど自分の自由な時間。はじめは何をするかとっても戸惑いました。そんな中で、朝のうちに夕方の献立が決まっていると、すごく気持ちが楽なことに気が付きました。慣れてきたら、2~3日分の献立を前もって考えて、まとめて買い物にも行けるようになり、ますます楽しくなってきました。野菜などは安い時に季節のものを買っておくと、副菜がもう一品できます。スマートフォンで献立サイトを使い、材料を入れて検索して作ってみることも増えました。その後子どもができてさらに生活に変化が。特に赤ちゃんの時期は、空いた10分20分を逃さずに料理をしておかないと、次いつ作ることができるかわかりません。そのようなわけで、食事つくりの時間は、朝主人を送り出してから。午前中の内には夕食が出来上がっているというのが定番になりました。こうなると、午後の時間は思いっきり自由に使えます。子供とお昼寝するもよし、公園に遊びに行ってもよし、買い物に行ってもよし、とゆっくりとした時間を持てるようになります。今はこの生活がお気に入りです。